TMAXNETは、スポーツコミューターYAMAHA TMAXの情報が集まる総合情報サイト & TMAXコミュニティです。
since 2001.7.1

 
TMAXとは
BBS
ツーリングBBS
売買BBS
ガレージ
インプレッション
リンク集
 
各種データ
愛車紹介
ツーリング
カスタムパーツ
特集記事
トラブル事例集
FAQ
パーキングブレーキキット - カスタムパーツ
 







サイト内検索
例えば:燃費、加速、最高速、ローダウンなど

Google
Web TMAXNET
パーキングブレーキキット(2002/06/13 BOZEさん情報、2005年5月 管理人情報追加)

03年モデルまでのパーキングブレーキが標準装備されていないモデル用です。

ヤフオクで出品されて、好評のまま生産終了してしまった便利ツールです。
パーツメーカーから発売されたものではなく、個人で企画・販売をされたものです。

2005年4月12日
好評のまま生産終了していた製品ですが、
TMAXNETオリジナルパーツとして再製作し、販売しています
ご希望の方は、
メールにてお名前、送付先の郵便番号・住所、電話番号をお知らせください。
購入方法お知らせいたします。
お待ちしております。


製品特徴

今回製作のTMAXNET版はアルマイト処理を黒色とし、ブレーキレバー・ハンドルカバー等の黒色と同色とすることにより、TMAX車体との一体感を出しました。

価格
価格:9300円(送料込み)

価格を下げる努力したのですが、いかんせん設計書もなく、ワンオフかつ少数量での発注であったため難しかったです。
フォローをさせていただくと、ヤフオクで中古品の出品も過去に十数件出品がありましたが、最終落札価格ほとんど1万円を超えていましたし、時には13000円というのもありました。
そこと比べれば安くできましたので、絶版になっていた製品の製作を実現したということでご容赦頂く思います。

使用レポート (Rockzさん 2005年3月27日)
初回ロット品です。
2002年の2月26日に限定20個のうちのひとつをオークションで落札しました。

250のスクーターにすら(失礼)ついているパーキングブレーキがついていない・・・
これはある意味ショックでした。坂道の料金所で200kgの車体を足だけで踏みとどめるのは無理というものです。
幸運にもオークションでゲットできたので、早速取り付けました。
部品はL型のアルミ部材と、それに付随するボス、それとビスです。
まず、左ブレーキのビスをはずし、そこにL型金具を付属のビスで共締めしてやるだけ。装着後は、材質が異質なので一体感はありませんが、とってつけたような感じはなく、割と本体に溶け込んで装着できてると思います。
パーキングブレーキを使う時は、握ってボスを押して、ブレーキの支点付近でかみこませてとめるのです。
リリースはブレーキを強く握ってやるとL型とボスの間のスプリングの力で元の位置に戻りリリースとなります。
片手の動作だけで済むならもっと優れものなのですが、それは贅沢というものですね。

効かす時は、@左手でブレーキを握る。A右手でボスを押さえ入れる。となります。それすらめんどくさい時もあるのですが・・・
使い始めてから3年になりますが、まったく故障もなく(実は当初すぐ潰れるんじゃないかなと思っていました。)快調に使っています。
03までのTMAXでは、これがあるとないでは雲泥の差だと思います。
現在、出品者からの再販はないとのことですが、パーキングブレーキ付の新型が出た今でも、いまだに売れる商品のひとつだと思います。
ぜひとも再販してもらいたいものです。

取り付け状態・使い方
ブレーキにロックをかける時はこんな感じ
(右手でロック部を固定し両手が使える状態)
ブレーキを解除した時はこんな感じ
(再度レバーを握った事でロック部が自動解除した瞬間)

 


トップページに戻る

Edited by Tabitom