TMAXNETは、スポーツコミューターYAMAHA TMAXの情報が集まる総合情報サイト & TMAXコミュニティです。
since 2001.7.1

 
TMAXとは
BBS
ツーリングBBS
売買BBS
ガレージ
インプレッション
リンク集
 
各種データ
愛車紹介
ツーリング
カスタムパーツ
特集記事
トラブル事例集
FAQ
その他 - カスタムパーツ
 







サイト内検索
例えば:燃費、加速、最高速、ローダウンなど

Google
Web TMAXNET

 

二輪車ETCモニター(道路新産業開発機構より貸与)(2006年2月25日バルサンさん)

http://www.hido.or.jp/nirin/
定価 「貸与につき無料(取付費用もタダ)

バイク雑誌にETCモニター募集の記事が掲載され、早速HPより応募したところ見事に当選しました。
、道路新産業開発機構から指定された業者(バイク販売店)にて取付をしました。

さて、使用感ですが、ズバリ「便利!」です。
当然のことながら料金所で停車する必要がないのですから…。

しかし最大のメリットは各種ETC割引が受けられることだと思います。
仕事柄、月に2万円近く首都高料金を払っていましたのでかなり助かります。

あえて難点ですが、アンテナ部分の見栄えが「イマイチ」です。
市販されるようになれば改善されるのでしょうが、もっとバイクとの一体感が欲しいなと思いました

 


インジェクションコントローラ アイコン2 / i-CON 2 (panapanaさん 2005年8月15日)

ブルーライトニング:インジェクション コントローラー アイコン2 / i-CON 2/T-MAX(0 

取り扱い:SEED DIRECT

インジェクションコントローラー「i-CON 2」は、吸入空気量の変動時、吸排気チューニング時に吸入空気量信号を補正し燃料噴射量をコントロールする装置です。吸排気チューニングによる変化をリニアに補正し、チューニングパーツを取り付けて得るべき性能を十分に引出して、絶妙なドライバビリティを得ることができます。また、レスポンス機能を最大限に生かすことによってドンツキ感を解消し、良好なピックアップを得ることが可能です。

インジェクションコントローラです。取り付けも簡単で、専用カプラーを付け直し、コントローラーの取り回しのみなので、30分程度で装備可能

マフラーを社外品に交換し、純正よりも低速時のもたつきを解消するために取り付けました。操作方法を覚えるだけで出先で調整できるため、結構いい商品だと思います。
付けてみての感想:峠に行く日が待ち遠しくなりますよ〜(笑)

メーカー:ブルーライトニング
定価 54,600円 (税込)


CREZZA ソーラーチャージングシステム (2004/4/30 shukunさん)


LEAD(リード工業)
型式:DZ-230A
4,800円(定価 6,800円)
取り扱い: ビッグマート

機能は「太陽光線で自然放電を補い寿命を延ばす」...です、以上(^^;)
ソーラーパネル部分は角度調整可能で、その為の六角レンチが付属してました。


オートバイ専用レーダー探知機(shukunさん)2004/2/7


・メーカー TANAX
・型式 VZ-400
・定価 \30,000
・取り扱い店: ウインドジャマーズ 【MOTO Fizz】モトフィズオートバイ用レーダー探知機VZ-400 エムシーひめじ タナックス レーダー探知機 VZ400 卸値で買えるサンヨー  ◆VZ-400【バイク用】 レーダー探知器◆

以下、説明書より抜粋です。
超小型・セパレートタイプのオートバイ専用設計!
(センサーボックス、ワーニングボックス、レシーバーという構成)
超小型・警告用レシーバーでイヤホーンコード不要!
フルオート操作で操作スイッチが必要ありません!
ステルス取締機及び新Hシステムにも対応!
(オービス(水平偏波、垂直偏波)、新Hシステム、ステルス、移動式(水平偏波、垂直偏波、円偏波)に有効)

・つけようと思った動機
高速を多用するのでオービス対策として...というのは建前で、面白そうだからというのが本音です。

・実際使ってみてどうか
オートバイ専用レーダーは他にユピテル/BR-11がありますが、あちらは一体型でバーハンドルに変更しないと取付が困難。但しポケットに入れての使用が可。
ヘルメットに取付ける警告用レシーバーが有線。
VZ-400はワーニングボックスが光でお知らせ、レシーバーで警告音を鳴らすのですがこの警告音がちょっと小さいです。ちなみにBR-11は本体が光と音でお知らせなので信号待ちで鳴ると気まずかったです(^^;)
なので私はVZ-400を推します。

・備考
取付けはお店でやって貰いました(技術料として8000円。ちょっと高い?)
センサーボックスとワーニングボックスは途中の接続がピンジャックなのですが、これがTMAXのダッシュボードのスリット部分には幅が狭くて通せませんでしたので、メーターパネルとダッシュボードの組合せ部分の隙間にコードを通しました。

付属のバッテリーコードではバッテリーから直接電源を取るにはTMAXの場合長さが足りません。フロントに通っている電源コードから分岐したそうです。

センサーボックスは考えた末にフロントフォーク部分にネジ止めしました。
これがカッコイイ!カウルへの干渉もありません。


ワイズギア グリップヒーター

(←管理人) (←nmacoさん)

グリップヒーターTYPEスポーツ120mm 90793-66640
価格: \15,000

バッテリー上がり防止機能付き
直流12V電源の無段階調整ヒートスイッチ付き
指先を効率よく温めるプリントヒーター内蔵
TMAXフィッティングキット(Q5K-YSK-015-Y11 \3000)必須

詳細・取り扱いリンク:
ワイズギア:グリップヒーターキット TYPE スポーツ 120mm
ワイズギア:グリップヒーター フィッティングキット TMAX専用

インプレッション (2002/09/27 Text by nmaco)
以前に乗っていたフォルツァについていたのは、寒いときには全く効かなくて何これ?って感じでしたので、TMAX用もあまり期待していなかったのですが、こちらは最高値にセットしておくと厚手のグローブをしていても熱くなりとっても重宝しています。これはグリップヒーターの種類に、全周ヒーターと半周ヒーターの2種類あるた めのようです。バイクの発電容量でどちらを着けるか、バイクメーカーが決めている
んでしょうね。
それと、ヒーターが入るためグリップが太くなり、太いグリップが好きな私としてはこちらも好印象です。

欠点は、温度調節コントローラがハンドルカバーの中央手前側に"ボコッ"という感じで着くのでとても格好が悪いことです。
このコントローラはバイクメーカー問わず純正グリップヒーターとしては同じメーカのものを使っているみたいですが、ホンダは取り付け状態の見栄えがよいのに対して、ヤマハは純正とは思えない取り付け状態です。
これからグリップヒーターを取り付ける方は、コントローラの位置をよく考えて取り付けた方がよいと思います。

同じく、グリップを取り付けるときの注意点として、ヒーター用のケーブルの取り出し方向もよく検討してからの方がよいです。
私の場合、販売店に任せていたら、右側グリップのヒーター用ケーブルがkillスイッチの真上に来てしまい、ちょっと不自由を感じています。

インプレッション(2002/09/27 管理人)
「オートバイの製品史上、至高のアイテム」だと誰かが言っていました(^^;
いやほんと、僕もそう思います。冬場の走行がつらくなくなります。
冬だけでなく、夏以外だったら標高の高い場所や雨の日などでも有効です。
手がかじかんでくると的確な操作でしづらいですからね。


K&Nリプレイスメント エアクリーナー(よん 2004年5月20日)


K&N エアクリーナー


ノーマルエアクリーナー

・メーカー:K&N
・販売代理店 プロト カタログ
・型式:YA-5001
・定価:8400円
・参考販売価格: 5,932円 (株)レッドサン

高効率湿式エアクリーナー(アメリカ製)

吸気効率UPを目指してK&Nリプレイスメントエアクリーナーに交換してみました。
ヨシムラのBMCと悩みました。ヨシムラのHPで調べて見たのですがオイルとクリーナーの値段が載っていなかったので手頃だし車でも使っていた事のあるK&Nに決定しました。
はっきりと分かる事は中速のトルク感が薄くなった事とアフターファイアーが多くなった事です(w
こう書くと悪い事ばかりですが回した時の伸びは格段に良くなりました。
例えばこんな感じです。
80キロ(約4000回転)で走行していて・・・
●アクセルをゆっくり開けていくと・・
 トルク感が非常に希薄です。
自分のTMAXにはエイジューPROのマフラー(バッフル無)なので元々中間に谷があるように感じるのですが、それがUPしてしまった感じですね。(01年式逆車です)

●アクセル全開
ノーマルエアクリと比べると全然違う伸びです。
あっつー間に回転が上がります。(やもめさんのビルトインタコメーターを真似して取り付けてあります^^)
そのままレッドまで吹け上がりますね。車速の立ち上がりもノーマルよりも良いと感じます。
アクセルを大きく開けるとノーマル時よりもパワーが出るって感じですね。
・備考
中間トルクが薄くなったのでどうしてもアクセルを開ける量が増え、燃費はダウンすると思います。
キャブセッティングすれば良くなると思います。
アフターファイアーし過ぎてますし・・・
値段も手頃なので吸気効率UPの第一弾としてはいいのではないでしょうか?

セッティングでもしてみようかと計画中です^^。
セッティングでよくなったら再度インプレしてみたいと思います。


BMC エアフィルター shukunさん 2004年3月23日

BMC
国内販売元:ヨシムラ

・型式 761-296-04(TMAX用)

・定価 \9,000

・参考販売価格 \9,000
http://www.e-seed.co.jp/p/030915741/
http://www.webike.net/catalogue/carburetor_bmc.html

詳しくは上記の各サイトをみて頂ければ分かりますが、ノーマルフィルターに対して20%の吸入効率UPだそうです。そのせいかエンジン音が乾いたような音に変りました。性能的にはアクセルオンしての加速が良くなったかな?という感じです。そして...燃費が悪くなりました!今までの自分の走行パターンだとフルタンクで205〜6km位走れましたが、フィルター変更後は200km越えるのは厳しいと思います。もっともこれは加速感を楽しむような運転になってしまったからかも知れません。
価格はノーマルに比べて割高ですが洗浄して再使用出来ますし、吸気系チューンの第一歩として替えてみてもいいんじゃないでしょうか。

形状比較としてノーマルの写真もあげておきます。
赤い方がBMC、白い方がノーマルです。製品にはこれにゴムパッキンやステッカーなどがつきます。


ハンドエアーディフレクター 2004年3月22日 番長さん


¥8600
手への防風効果は高く真冬でもその辺にチョット行くぐらいならサマーグローブでもOKです。
ただスタイルについては人それぞれ好みがありますから...何とも言えません。自分ではケッコウ気に入ってますが。


バンク角を増やす! 加工(2003/9/29 かつらがわさん)

Tmaxの謳い文句「バンク角50度」に首を傾げているオーナーは多いのではないでしょうか。実際走っているとコーナーでセンタースタンドが接地して怖い思いをした人は私だけではないと思います。いっそセンタースタンドを撤去しようかとも思いましたが、整備性が悪くなるので躊躇していました。

それなら何とかスタンドが加工できないかと思っていて、溶接したりハンマーで叩いたりして変形させることも考えましたが、リスクが大きそうだったのでこれも実行せずじまい。
だったら何とかもう少し跳ね上がらないかな〜?とストッパーを見ると、1cmほどある厚さのゴムブッシュが付いている。いっそ外したら・・・。と思い外してみると・・。
スタンドが接地しない。いくら寝かせても接地しない。これは良い!外してしまおう!と思ったが今度は錆が気になる。

そこでブッシュ加工(切断)をしてみました。

加工と言ってもただカッターナイフで切っただけ。
加工時間5分、費用0円のプチ加工です。
1cmほどあったブッシュを3mmほどの厚さに切って取り付けて走行試験。
パイロンを並べて8の字走行をした結果、センタースタンドは接地しないで代わりにフロントアンダーカウルが・・・。

少々悲しくなりましたが、ま〜錆びることはないしこれだけバンクできれば・・と満足しています。
アンダーカウルに未練のない方は是非おためし下さい。

加工前

加工後


パーキングブレーキキット

詳細はこちらに移動しました。

 


トップページに戻る

Edited by Tabitom